BS 資産 負債 純資産   PL 収益・収入 費用・必要経費   個人事業者固有
 勘定科目と仕訳 >> 損益計算書 >> 収益・収入

勘定科目「売上高」の説明

 主たる営業活動として、商品・製品の販売や役務(サービス)の提供をした代金。代金をすぐ受け取るか否かで、現金売上、掛売上などとなる。なお、商品や製品の販売による収益と、役務(サービス)の提供による収益が、ともに主たる営業である場合は、役務(サービス)の提供による収益は、一般的に、売上高勘定とは区別して役務収益勘定を用います。
 

売上高の表示場所

 損益計算書上の売上高「売上高」
 

売上高の具体例、摘要

 製品売上、商品売上、サービス料収入
 

売上高のポイント

 
 

売上高の仕訳例

 
 

売上高の法人税・所得税の取扱い

 
 

売上高の消費税の取扱い

 課税売上となります。