BS 資産 負債 純資産   PL 収益・収入 費用・必要経費   個人事業者固有
 勘定科目と仕訳 >> 損益計算書 >> 収益・収入

勘定科目「受取利息」の説明

 預貯金(定期預金、普通預金)や、取引先や社員への貸付金、公社債(国債、社債)などの金融資産を持っていることで受け取る利子・利息。
 

受取利息の表示場所

 損益計算書上の営業外収益「受取利息」
 

受取利息の具体例、摘要

 貸付金利息、社債利息受取、国債利息受取、満期利息受取、普通預金利息受取
 

受取利息のポイント

・利息の受取の際は、源泉所得税15%と住民税利子割5%が差し引かれて支払いを受ける。会計処理としては、「法人税等」、「租税公課」どちらの科目で処理することも可能。
・貸付金利息は、源泉所得税及び住民税利子割の対象外なので、所得税等の源泉徴収は行われない。
 

受取利息の仕訳例

 満期になった定期預金4,000,000円を、普通預金へ入金した。なお、このときの利息50,000円は源泉所得税等20%を差し引かれ、入金された。
(1)
普通預金  4,040,000   定期預金  4,000,000
法人税等  10,000    受取利息  50,000
(2)
普通預金  4,040,000   定期預金  4,000,000
租税公課  10,000    受取利息  50,000
 
 通知預金7,000,000円を解約し、利息50,000円とともに、当座預金に預け入れた。なお、このときの利息は、源泉所得税等20%を差し引かれ、入金された。
(1)
当座預金  7,040,000   通知預金  7,000,000
法人税等   10,000   受取利息  50,000
(2)
当座預金  7,040,000   通知預金  7,000,000
租税公課   10,000   受取利息  50,000
 
 満期日に定期積金4,000,000円を、利息300,000円とともに普通預金へ預け入れた。なお、このときの利息は、源泉所得税等20%を差し引かれ、入金された。
(1)
普通預金  4,240,000   定期積金  4,000,000
法人税等  60,000    受取利息  300,000
(2)
普通預金  4,240,000   定期積金  4,000,000
租税公課  60,000    受取利息  300,000
 
 得意先A社に対する貸付金の利息30,000円が当座預金に入金された。
当座預金  30,000   受取利息  30,000
 

受取利息の法人税・所得税の取扱い

 金融機関の利息に対して源泉所得税15%、住民税5%が差し引かれて、受け取ることになります。
 源泉徴収された所得税額は、会社の選択により法人税額から控除することができます。控除をする場合、源泉徴収された所得税額は、損金不算入となり、控除をしない場合、損金算入となります。
 

受取利息の消費税の取扱い

 非課税売上です。