BS 資産 負債 純資産   PL 収益・収入 費用・必要経費   個人事業者固有
 勘定科目と仕訳 >> 損益計算書 >> 収益・収入

勘定科目「受贈益」の説明

 他の法人や個人などから資産を贈与(または低額譲渡)されたことにより生じる経済的利益のことをいいます。
 

受贈益の表示場所

 損益計算書上の特別利益「受贈益」
 

受贈益の具体例、摘要

 寄付金、祝い金、見舞金の受領。無償による資産の取得。低額譲受による資産の取得。
 

受贈益のポイント

 
 

受贈益の仕訳例

 
 

受贈益の法人税・所得税の取扱い

 
 

受贈益の消費税の取扱い

 無償取引は、消費税では課税対象外となります。したがって、資産の贈与等を受けて、受贈益を計上しなければいけない場合であっても、消費税では課税対象外となります。
なお、低額譲受による資産の購入をした場合は、その購入自体に係る消費税分は仕入れ税額控除の対象となります。