BS 資産 負債 純資産   PL 収益・収入 費用・必要経費   個人事業者固有
 勘定科目と仕訳 >> 貸借対照表 >> 資産

勘定科目「有価証券」の説明

 売買目的のために短期間だけ一時的に保有している株式や公社債、投資信託などいつでも市場で売却できるもの。
 

有価証券の表示場所

 貸借対照表上の流動資産「有価証券」
 

有価証券の具体例、摘要

 外国会社の株券、株券(短期)、株式配当(短期)、国債券(短期)、社債券(短期)、貸付信託の受益証券(短期)、地方債券(短期)
 

有価証券のポイント

 
 

有価証券の仕訳例

 
 

有価証券の法人税・所得税の取扱い

 
 

有価証券の消費税の取扱い

 
 

中小企業の会計に関する指針

 有価証券(株式、債券、投資信託等)は、保有目的の観点から、以下の4つに分類し、原則として、それぞれの分類に応じた評価を行う。
(1) 売買目的有価証券
(2) 満期保有目的の債券
(3) 子会社株式及び関連会社株式
(4) その他有価証券