BS 資産 負債 純資産   PL 収益・収入 費用・必要経費   個人事業者固有
 勘定科目と仕訳 >> 貸借対照表 >> 資産

勘定科目「小口現金」の説明

 日常のちょっとした少額の経費支払いのために、一定の金額を前渡しで管理する現金であり、一般的に使用される現金勘定科目とは別に用意する勘定科目です。通常、小口現金係が管理します。
 よく使用される小口現金制度は、一定期間の所用支払額を見積り、それを基礎として一定額を小口現金係に支給します。例えば、1か月5万円とか定額を設定して、小口現金係に前渡し支給します。
 その後、定期的に支払額を小口現金係に報告させ、支払額と同額を補充します。例えば、2万円を小口現金として、使ったなら、2万円を補充します。
 

小口現金の表示場所

 貸借対照表上の流動資産「現金及び預金」
 

小口現金の具体例、摘要

 小口定額前渡し、小口現金補充、店のレジに入っているお金
 

小口現金のポイント

 
 

小口現金の仕訳例

 
 

小口現金の法人税・所得税の取扱い

 小口現金じたいは、法人税・所得税の計算とは関係がありません。
 

の消費税の取扱い

 小口現金じたいは、消費税の計算とは関係がありません。