BS 資産 負債 純資産   PL 収益・収入 費用・必要経費   個人事業者固有
 勘定科目と仕訳 >> 貸借対照表 >> 負債

勘定科目「預り金」の説明

 他の人から一時的に預かった(形の)お金。短期間のうちに、その本人に直接返すか、または、本人に代わって他の人に支払うもの。取引先からの、取引のときに預かった保証金などは、預り金とは別に、預り保証金とすることが多い。
 

預り金の表示場所

 貸借対照表上の流動負債「預り金」
 

預り金の具体例、摘要

 給料から天引きする所得税(源泉所得税)、住民税、社会保険料、社員旅行積立預り金、税理士報酬の源泉所得税
 

預り金のポイント

 
 

預り金の仕訳例

 (会社が、従業員に給料を支払った場合の仕訳)
  給料が200,000円で、源泉所得税が10,000円の場合。
 (給料) 200,000円 (現金)190,000円
              (預り金)10,000円
 
 (源泉所得税を税務署に納付した場合の仕訳)
 (預り金)10,000円 (現金)10,000円
 

預り金の法人税・所得税の取扱い

 預り金じたいは、法人税・所得税の計算とは関係がありません。
 

の消費税の取扱い

 預り金じたいは、消費税の計算とは関係がありません。