BS 資産 負債 純資産   PL 収益・収入 費用・必要経費   個人事業者固有
 勘定科目と仕訳 >> 損益計算書 >> 費用・必要経費

勘定科目「研究開発費」の説明

 一般的な研究や既存製品の開発、改良に支出した費用を処理する勘定科目です。繰延資産の開発費と区別されます。
 旧商法では、旧商法施行規則において、繰延資産として計上することができる項目として、「研究費及び開発費」を挙げていました(旧商規37)。
 しかし、実務上は研究開発費等に係る会計基準(外部リンク:研究開発費等に係る会計基準)に従い、繰延資産として計上することができるものは限定されていました。
 従来の(試験)研究費は、研究開発費として、全て費用処理し繰延資産として計上することはできなくなりました。
 また、開発費は、研究開発費として、費用処理し繰延資産として計上することができない部分と、そうでない部分があるということになりました。そうでない部分については、繰延資産として計上することができます。
 

 

研究開発費の表示場所

 損益計算書上の販売費及び一般管理費「研究開発費」
 

研究開発費の具体例、摘要

 委託研究費、実験用薬品購入、試験研究費(経常的)、研究用素材、部品、薬品、設備、資料購入
 

研究開発費のポイント

 
 

研究開発費の仕訳例

 
 

研究開発費の法人税・所得税の取扱い

 
 

研究開発費の消費税の取扱い

 
 

研究開発費の関連科目

 開発費