BS 資産 負債 純資産   PL 収益・収入 費用・必要経費   個人事業者固有
 勘定科目と仕訳 >> 損益計算書 >> 費用・必要経費

勘定科目「貸倒引当金繰入額」の説明

 決算期末の売掛金や短期貸付金等の債権が、次期以降に回収不能になる場合に備えて貸倒引当金に繰り入れる金額。仕訳としては、決算時に計上します。なお、税法上、損金算入限度額が定められています。また、実際に貸し倒れが発生した場合は、貸倒損失で処理します。
 

貸倒引当金繰入額の表示場所

 損益計算書上の販売費及び一般管理費、営業外費用、特別損失「貸倒引当金繰入額」
 

貸倒引当金繰入額の具体例、摘要

 貸倒引当金繰入、期末貸金に引当計上、回収不能見込額
 

貸倒引当金繰入額のポイント

 
 

貸倒引当金繰入額の仕訳例

 
 

貸倒引当金繰入額の法人税・所得税の取扱い

 
 

貸倒引当金繰入額の消費税の取扱い

 
 

貸倒引当金繰入額の関連科目

 貸倒引当金、貸倒引当金戻入益、貸倒損失
 

中小企業の会計に関する指針

 損益計算書上は次のとおり表示する。
@ 営業上の取引に基づいて発生した債権に対するもの・・・販売費
A @、B以外のもの ・・・営業外費用
B 臨時かつ巨額のもの ・・・特別損失